資格取得・技能習得ガイド

キャリアアップ・就職・転職・再就職にお勧め気象予報士の資格や検定試験情報をご案内中!!

気象予報士・資格


気象予報士というのは、気象業務法に基づいて、財団法人 気象業務支援センターが実施する試験に合格した国家資格保持者のことです。

そして、気象予報士と言ったら、多くの方がテレビの天気予報の解説者を思い浮かべるのでは?

しかし、気象予報士はテレビの解説者としてだけではなく、官庁や自治体などの公共機関や、民間の気象予報会社で働く気象予報士も沢山いるのです。

どうして民間の気象予報会社が存在するのかというと、企業の利益を最大限にしたり、反対に損失を抑えたりと、天気の動向は企業活動に影響を及ぼす事が多いからです。

例えば、もし冷夏という事が元々わかっていたら、ビール会社は生産をし過ぎることなく損失や人件費を抑制できるし、猛暑という事を予測できたら生産を増やし効率よく利益を上げる事ができたりと、企業活動の重要な要素になっているのです。

その他にも、コンビニ等の流通業界、農業や漁業に携わっている人、航空業界、船舶業界、レジャー・旅行業界、スポーツ産業、イベント会社など多くの業界で正確な気象情報は必要とされています。

環境問題がキーワードになっているこれからの世の中では、益々重宝される資格になるのではと考えられます。

気象予報士・試験概要


ユーキャンの通信講座をオススメ
案内資料は無料で請求可
▼▽▽▼


「ケイコとマナブ」資料請求はコチラ
▼▽▽▼
資格 スクール

ページの先頭へ
メインサイトに戻る
(C)資格・技能習得ガイド