資格取得・技能習得ガイド

キャリアアップ・就職・転職・再就職にお勧め電験三種の資格や検定試験情報をご案内中!!

電験三種・資格


技術系の国家資格の中では、電気工事士同様、電験三種の資格もよく知られています。

電験三種とは、正式には第三種電気主任技術者免状の事です。
財団法人電気技術者試験センターが年1回実施する国家試験に合格するか、工業高校・工業専門学校や大学の工学部電気工学科などの認定校を卒業し、法令に定められた実務経験をすることにより、経済産業大臣から免状が交付されます。

第三種電気主任技術者は、電圧5万ボルト未満の事業用電気工作物(出力 5千キロワット以上の発電所を除く)の工事・維持及び運用の保安の監督を行うことができます。

工場や発電所・ビルなどで電気の工事や点検をするには、電気が安全に使用されるよう、電気主任技術者の保安監督の下で行なう必要があります。

電力需要が増大しているため、社会的には常に高いニーズがあり、社内での評価アップやキャリアアップ・転職にも有利な資格です。

電験三種・資格のメリット
電験三種・試験概要


ユーキャンの通信講座をオススメ
案内資料は無料で請求可
▼▽▽▼


「ケイコとマナブ」資料請求はコチラ
▼▽▽▼
資格 スクール

ページの先頭へ
メインサイトに戻る
(C)資格・技能習得ガイド