資格取得・技能習得ガイド

キャリアアップ・就職・転職・再就職にお勧め宅地建物取引士(宅建士)の資格や検定試験情報をご案内中!!

宅地建物取引士(宅建士)・資格


宅地建物取引士資格試験は、2008年度には20万人以上が受験している、国家資格試験の中で最大規模の資格試験で、国土交通省所管の財団法人である不動産適正取引推進機構が、試験の事務を各都道府県知事から委託されています。

不動産の取引を行う不動産会社の事務所には、5人に1人の割合で宅地建物取引士の有資格者を置くよう義務付けられています。
その為、宅地建物取引士は不動産の売買や賃貸の仲介などに必要不可欠です。

宅建士資格を持っていなければできない業務としては、下記のような内容の業務があります。

契約締結前に、相手方に対しての重要事項の説明
(例)宅地建物売買・賃借の代理や仲介などに際し、土地の形質や面積・建物の構造・権利などの法律をもとにした重要事項の説明など

重要事項説明書への記名・押印

契約成立後交付すべき書面(契約書)への記名・押印

近年は、不動産会社以外にも不動産部門をもつ大手企業も多く見受けられます。
それゆえ、宅建士資格取得者に対する需要は多く、就職・転職には有利な資格ともいえます。

宅建士・資格試験の特徴
宅建士・資格試験の概要


ユーキャンの通信講座をオススメ
案内資料は無料で請求可
▼▽▽▼


「ケイコとマナブ」資料請求はコチラ
▼▽▽▼
資格 スクール

ページの先頭へ
メインサイトに戻る
(C)資格・技能習得ガイド